化粧崩れもう気にしない!おすすめ顔汗ケア商品

商品 特徴
化粧の上からでも大丈夫!顔用制汗剤【継続しばり無し】
詳細はコチラ
体質改善で健康的に顔汗を止める!自然派由来の汗止めサプリ
詳細はコチラ

面接時に出る汗の原因と悪印象にならないためのマナーとは?

  • 作成日:2017年04月03日
  • 更新日:2017年04月03日

「面接」と聞いてあなたはどんな場面を思い浮かべますか。
高校、大学など進学するための「面接」、就職や転職するための「面接」など、緊張する場面が浮かぶのではないでしょうか。
この「緊張」する場面に遭遇すると、やっかいな「汗」をかきます。
どこからともなく出てくるこのやっかいな「汗」の原因は、いったい何なのでしょうか。

この汗の原因と対処法、面接時に汗をかいてしまった時のマナーについて、調べました。

スポンサーリンク

汗が出る原因

「緊張するから汗をかく」それは精神的な問題ということは、何となく理解できます。
それ以外にも「早くこの場から逃げ出したい」「失敗をしたら」という恐怖心や不安感からくる「緊張」もあります。

しかし誰だって緊張はしますし、むしろしない人がいるか疑問です。
この緊張に神経系の「セロトニン」が関係しており、また、「精神疾患」が原因でもあります。

不足すると危ないセロトニン

この「セロトニン」は98%が消化管、血液中に存在しています。
脳内には、残りの2%しか存在しません。

しかし、その2%の脳内セロトニンが『三大神経伝達物質』の一つとなっています。
このセロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれています。
「日光」「栄養」「運動」が不足してしまうと、セロトニンが生成されにくい状態になります。

セロトニンが生成されないと、精神状態が不安定になりやすくなります。
すると「目覚めが悪くなる」「寝つきが悪くなる」「精神バランスがくずれる」の悪循環を生みだすのです。

精神疾患

精神疾患の一例として「社会不安障害」「精神性多汗症」「緊張性多汗症」等があります。順番に詳しく見てみましょう。

社会不安障害

特定の状況や人前で何かをする時、緊張感が高まり不安・恐怖を感じ次第にそのような場面を避けるようになる病気のことを言います。
症例として、赤面恐怖症、発汗恐怖症、場面恐怖症などがあります。

精神性多汗症

緊張を感じる場面に立った時『汗をかいてしまうかも』という不安を感じる時に起こる症状のことをいいます。
症状として、異常な量の汗をかきます。

緊張性多汗症

緊張する場面に遭遇した時に起こる症状のことをいいます
症状として、「精神性多汗症」同様、異常な量の汗をかきます。

緊張しないための対策

緊張する時の汗の原因は、セロトニンの不足と精神疾患が主な原因であることはご説明しました。
「緊張しないのが一番」ですが、そんなことは簡単にはできません。
では、どのような対策をとったらいいのでしょうか。

セロトニンを増やす

セロトニンの増やし方は日常生活で簡単に増やすことができます。

  • 朝日をしっかり浴びる
  • 適度な運動をする
  • バランスの良い食事をとる

緊張の予防

緊張の予防は実はちょっとした工夫で予防することができます。

  • 腹式呼吸をする
  • 笑顔の練習をする
  • 食事をしっかり噛んで食べる
  • 適度な運動をする
  • ぬるめのお湯にしっかりつかる

面接時の汗マナー

面接時気を付けたい5つのこと

日頃の対策方法についてお伝えしましたが、知識がついたからといっていきなり治るわけではありません。
では、面接時に汗をかいてしまった時はどう対処したらいいのでしょうか。

ハンカチを忘れずに

面接時に汗を拭くのは、マナー違反ではありません。
かえって汗をかいているのに拭かないでいるほうが、不快な思いをさせてしまう場合があります。

汗を拭くのに必ずハンカチを用意しておき、いつでも取り出せるようにしておきましょう。
シンプルなデザイン、もしくは無地でアイロンがかかっており、キレイにたたんであるものにしましょう。

汗を拭くタイミング

面接時に汗を拭くときは、黙ってやるのではなく、必ず「失礼します」「汗を拭いてもよろしいでしょうか」と一言いいましょう。
ハンカチでゴシゴシ拭くのではなく、ポンポンと叩くように拭きましょう。

会話が途切れたときにしましょう。
会話の途中で拭くのは良い印象を持たれません。

ハンカチを手に持ったままにしない

汗を気にして頻繁に拭いてしまうことがあります。
「落ち着きがない」と思われる可能性があります。

ネクタイ、シャツ、靴

ハンカチ同様ネクタイやシャツはアイロンをかけておくようにしましょう。
靴も汚れたものは履いていかないようにしましょう。

「上着を脱いでもいい」は社交辞令!?

もし面接官の方から「上着を脱いでも楽にしてください」と言われたときは、どうしますか。
「面接官から許可がでたから」と素直に脱いでいいものだと思いますね。

しかし、社交辞令である場合が多く、常識を確認するためにわざと言うときがあります。
「お気遣いありがとうございます」と感謝の言葉をいいましょう。
汗が目立つ場合は、許容範囲として脱いでも問題がないので、汗を拭くとき同様、必ず一言断りを入れてから脱ぐようにしましょう。

汗を気にせず面接を

面接時のように「緊張」したときにかく汗の「原因」「対策」「マナー」とお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。
「緊張しないでリラックスした状態」で面接に行くのが一番です。

そのためには、「事前にシミュレーションを万全にしておくこと」「緊張している自分を受け止めること」「緊張してもいい、完璧でなくてもよいと思うこと」で気持ちが楽になります。

それでも、「汗」に対する不安が拭えないのであれば、「皮膚科」「心療内科」といった専門の病院を受診することをおすすめします。
また面接前にトイレに行きデオドラント剤のシートなどで汗を拭き取っておくのもいいでしょう。
面接時の汗を気にすることなく気持ちよく面接に臨むことができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク