化粧崩れもう気にしない!おすすめ顔汗ケア商品

商品 特徴
化粧の上からでも大丈夫!顔用制汗剤【継続しばり無し】
詳細はコチラ
体質改善で健康的に顔汗を止める!自然派由来の汗止めサプリ
詳細はコチラ

手術を考える前にチェック!ひどい手汗を止める16の方法

  • 作成日:2015年08月31日
  • 更新日:2017年06月05日

手汗を気にしすぎて、デート中でも手をつなぐのをためらってしまったことはありませんか?

また、持っているペンが手汗で濡れぬるぬるに、書類まで手汗でナミナミに…など、嫌な思いをしたこともあったと思います。
なかには通院での治療や、手術を考えた方もいるかもしれません。

しかし、通院で治療するのは大変ですし、手術をするとなると大がかりで後戻りはできませんよね。
最終手段として取っておきたいところです。

自分でできる対策はないのでしょうか?

ここでは、自分でできる手汗の対処法を紹介します。
自分にあった対処法を探してみましょう!

手汗の原因を知りたい方は、『ゲームやってると手が汗だらけ…ひどい手汗の原因とは?』をご参照ください。

スポンサーリンク

簡単に手汗を止める方法

さっそく、手汗を止める具体的な方法をみていきましょう。

①ツボ押し

手汗に効くというツボがあります。
どこでも簡単にできるので、習慣的に毎日行ってみましょう。

2つのツボを紹介します。

労宮(ろうきゅう)

手のひらの真ん中あたりにあり、軽く手を握ったときに、中指の先が当たる部分です。
リラックスのツボともいわれています。

合谷(ごうこく)

人差し指と親指の骨が結合する部分で、手の甲にあるツボです。
神経過敏症や、代謝異常、視力回復にも効果があるといわれています。

【ツボの押し方】

5秒間押す→ 5秒間離す

この動作を繰り返すと効果が期待できます。

②ミョウバン

ミョウバンは、人類最古の制汗デオドラント剤と言われています。

また、雑菌の繁殖を防ぎ、収れん作用(血管を縮める作用)ももちますので、お肌を引き締め、汗の量を減らすことができます。

ミョウバンは食品に使われるくらいですから、安全性も高いと言えます。
スーパーでも手に入り、お値段も安いので、手軽に始めることができるでしょう。

『汗止め・臭いや美容に効果あり?ミョウバン水の作り方・使い方』では、ミョウバン水の作り方を詳しく解説しています。

③塩化アルミニウム

塩化アルミニウム液を手に塗りこみ、汗を作り出す汗腺にフタを作ることによって、手汗を緩和することができます。

この方法は有名で、皮膚科でもたびたび処方されています。

かぶれなどの副作用が起こる場合は注意が必要ですが、誰でも簡単に自宅で行えるので、オススメです。

塩化アルミニウム液は、病院での処方のほか、一般の薬局や通販でも取り扱っているので、気軽に購入できます。

塩化アルミニウム液を試してみたい方は、『効果と副作用は?汗止め塩化アルミニウムの使い方マニュアル』をご参照ください。

④制汗剤

市販の制汗剤は、手汗には向いていないものが多いかもしれません。

より良い制汗剤を利用したい場合は、『もう迷わない!制汗剤の選び方とおすすめの使い方』を参考にしてみてください。

お値段は高めですが、「通信販売」を利用すれば市販の制汗剤と比べて、より手汗に特化した制汗剤を購入することができます。

代表的なものとして、「ファリネ」という手汗専用の制汗パウダーがあります。

手汗対策用制汗パウダー「ファリネ」

ファリネは、「止まらない手汗、一体どうしたらいいの!?」と悩みを抱える人のための手汗対策制汗パウダーです。
パウダーなので、塗った瞬間サラサラになります。

farine

>>公式サイト<<

口コミ

手術しなくて良かった

今まで、本当にいろいろな商品を試しては期待を裏切られてきました。
どれも似たり寄ったりの商品ばかりで、効果もイマイチで諦めるしかないのかなと思ったり、手術なんかも考えていました。

今回も半信半疑での購入でしたが、今まで使ってきた商品の中で間違いなく一番いいと思います。

手術をしない限り、手汗から開放される日がくるなんて思ってもみませんでした。

出会えてよかった!!

公式サイトより)

お値段は以下の通りです。

定価 8,890円(税別)+送料600円+税
定期コース 初回限定2,677円(税別)
2回目以降6,800円(税別)

※割引購入できる定期コースは最低でも3回続ける必要があります。

手汗にファリネって効くの?!効果、使い方、購入方法をチェック!
手汗で悩んでいる方は大勢います。それに対して、対策方法は万全とは言えません。病院に通院するとし...

⑤血管を冷やす

太い血管やリンパ節が通っている部分を保冷材などで冷やすと、全身を巡る血管が冷えることによって一時的に体温を下げることができます。

体温が下がれば汗の量も減りますので、相対的に手汗の量を減らすことができます。

※保冷剤が見当たらない場合は、よく冷えたペットボトルや、冷たい水で濡らしたタオルの代用が可能です。

手汗を止めるのに、冷やすといい部位

  • 首の後ろ
  • こめかみと耳の間
  • 左鎖骨下
  • ひじの内側
  • 手首
  • 太ももの付け根
  • ひざ裏
  • 足首

⑥半側発汗

半側発汗(はんそくはっかん)は、長年伝統的に裏付けられた、汗を即効で止める由緒ある方法です。

顔汗を止める方法として有名ですが、手汗を止める効果も期待できます。

半側発汗は、圧迫した側の発汗がおさまり、代わりに反対側で発汗するという現象です。

つまり、手は体の上半身側になりますので、顔汗と同じく、胸や脇の部分を圧迫すれば発汗量を減らすことが可能です。

半側発汗のやり方については『緊急時の顔汗対策!半側発汗で一時的に汗を止める方法』をご参照ください。

⑦ハッカ油

ハッカ油とは、ハッカというシソ科の植物からとれたオイルです。
英語では「ミント」と呼ばれています。

ハッカは、スースーとすることにより体感温度を下げる働きがあります。

体感温度が下がると、錯覚により涼しく感じます。
その結果、汗の量が減るのです。

ハッカ油は刺激が強いので、原液のまま直接お肌に塗るのは厳禁です。
水道水などで薄めて使用してください。

ハッカ油の薄め方

100ml
ハッカ油 5滴ほど

実際に試してみて、刺激が強ければもう少し薄めるなどして、自分に合った濃度に調節しましょう。

ハッカ油と水が混ざりにくい場合

容器をよく振ってみてください。
それでもダメな場合は無水エタノールを使用します。

無水エタノール 10mlほど
90mlほど
ハッカ油 5滴ほど

まず、無水エタノールとハッカ油を混ぜ、水に溶けやすい状態にしてから、水に混ぜると混ざりやすくなります。

体質から改善して手汗を止める方法

続けて、日常生活で心がけて汗を止める方法をみていきましょう。

⑧食事療法

食事のなかには、汗をかくのを促す食事と、汗をかくのを抑えてくれる食事が存在します。
それぞれいみていきましょう。

汗をかくのを促す食事

  • 香辛料の効いた食べ物
  • 熱い食べ物
  • カフェイン
  • 肉類など脂っこい食事

香辛料の効いた食べ物や、熱い食べ物は、発汗促す交感神経を活性化させるため、汗をかきやすくなります。

カフェインは、汗腺を刺激します。

また、肉類など脂っこい食事は、高エネルギーのため、消費するのに汗をかくのです。

これらの食品の摂り過ぎには注意しましょう。

汗をかくのを抑えてくれる食事

  • 大豆
  • 豆腐
  • 味噌
  • 夏野菜(トマト、きゅうり、ゴーヤ、ナス)

大豆製品は、汗を抑える女性ホルモンと似た働きがあるイソフラボンが豊富です。

また、夏野菜は体内の余分な熱を逃がす作用があるカリウムが多く含まれています。

上手く食事にとり入れて、汗を抑えましょう。

⑨漢方薬

漢方薬は体質改善を目指すものです。

瞬時に手汗を軽減することはできませんが、体質が改善されるに従って、心身のバランスが整い、手汗の緩和につながる場合があります。

多汗の人に処方される漢方薬として、次のようなものがあります。

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

水分代謝の改善にアプローチする漢方薬です。

むくみ太りのある方、疲れやすく汗をかきやすい方の症状改善を助けます。

桂枝加黄耆湯(けいしかおうぎとう)

体の熱や腫れ、痛みを鎮めます。
体内の水分循環を改善し、発汗を調整する働きがあり、交感神経を鎮める作用もあるのです。

体力があまりなく、自然に汗が出やすい方に向いています。

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

精神状態の改善を目的として調合されます。
体力が中等度以上ある方で、精神不安、不眠、神経症などの症状を持つ方にオススメです。

素人で判断が難しい場合は、専門医や薬剤師さんに相談してみましょう。

⑩自律神経を整える

自律神経を整えるには、姿勢を正し、呼吸を整え、歩き方にも気を配るとよいとされています。

また、自律神経を抑える具体的な方法として、「小指湿布」というものがあります。

小指湿布

安田譲氏著書の「かんたん自律神経健康法」で紹介されている手汗対策方法です。

就寝前、両手の小指に「冷感タイプのパップ剤湿布薬」を貼り、翌朝はがすことにより、手汗の症状が緩和されるというものです。

サロンパスでは利かないので、必ず「冷感タイプのパップ剤湿布薬」を選んでください。

⑪ダイエット

肥満が進むと、体内の熱をため込みやすくなります。
熱がたまると、体温を下げようとして、汗をかくのです。

急激なダイエットは、からだの調子が崩れるかもしれないので、長期計画で無理なく痩せていくように心がけましょう。

⑫ホルモンバランスを整える

女性の場合、生理前や生理中だったり、妊娠中、更年期時に手汗の症状が悪化する人がいます。
こういった方は、ホルモンバランスの乱れが影響して手汗がひどくなっています。

ホルモンバランスを整えるには、食生活と生活習慣を見直すことが大事です。
生活習慣のなかでは、睡眠不足が何よりの敵です。

ホルモンの多くは睡眠中に作られるので、十分な睡眠を心がけましょう。

⑬運動などの汗腺トレーニング

エアコンや運動不足などにより、日頃から全身に汗をかかない生活を送っていると、汗を出す汗腺の機能がどんどん退化していきます。

全身の汗腺機能の衰えから、汗をかく部分がまだ機能を保っている汗腺に集中します。
頭や顔、脇、手のひら、足の裏がそれにあたります。)

よって、手汗の量が増えてしまうケースが考えられます。

このような方は、どうすればいいのでしょうか?
オススメの改善方法が2つあります。

運動

適度な運動で汗をかき、全身の汗腺を活性化してあげる必要があります。

手汗を抑えるために汗をかくというのは、一見矛盾しているようですが、汗腺に問題のある方にとっては有効な方法なのです。

手湯足湯・半身浴

まずは手湯足湯からです。
ひじから先、ひざから先をお湯につけます。

温度 43度ほど
時間 10~15分

続けて半身浴です。

温度 38度ほど
時間 20~30分

半身浴をすると、体温が上がるのと同時に、お湯につかっていない上半身の汗腺から汗をかいて体温を下げることができ、この流れは効率的な汗腺トレーニングになります。

⑭リラックス

手汗には、緊張など精神的なものが原因になっている場合があります。

自律神経のなかの、交感神経が汗をかくのを促します。
交感神経は、興奮したときに活性化するので、心身ともに安静にしていれば汗の量も減るのです。

リラックス方法の詳細は、『人前で話すと汗ビッショリ!緊張しない為のリラックス方法6選』をご覧ください。

試してみたい、手汗を止める方法

最後に、少しコストや手間がかかりますが、試してみたい方法を紹介します。

⑮ドライオニック

「ドライオニック」とは、病院で行う「イオントフォレーシス」と呼ばれる治療方法を、家庭で手軽に行えるようにした機器です。

ドライオニックは、軽い電流を流すことで、汗腺細胞内外をイオン変化させ、多汗の症状を改善するというものです。

高価な商品ですが、家庭で簡単におこなえて、副作用のリスクが少ないのも魅力です。

⑯抗コリン薬

抗コリン薬とは、体内における発汗指令情報の伝達物質「アセチルコリン」の分泌を抑え、全身からの発汗を抑える薬です。

「プロバンサイン」が抗コリン薬の代表例です。

しかし、抗コリン薬は副作用を伴う場合があるため、注意が必要です。
使用する場合は、常用するのではなく特別なシーンで限定的に使用することをオススメします。

抗コリン薬を試してみたい方は『プロバンサインを通販で買う方法【効果と副作用をチェック】』をご参照ください。

病院での手汗治療・手術ってどうなの?

どの改善策を試しても思うようにいかず、どうしても改善されない場合はやはり病院での治療や、手術を検討するかもしれません。
その際は、こちらの記事をご参照ください。

手汗を治療!皮膚科やクリニックの最新療法を徹底チェック
手汗をおさえるにはいくつかの方法があります。手汗で悩んでいる人は、すでに何かしら試していること...

手術を考える前に!あなたに合う改善策を試そう

手汗を止める方法についてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

今からすぐに試せるもの、ある程度準備のいるもの、無料で誰にでもできるもの、それなりに費用がかかってしまうもの…など、さまざまありました。
それなりに費用がかかっても、手術に比べれば安いものです。

自分でできることから始めてみましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク