今回は、しっかり抑臭効果、制汗効果がある制汗剤をご紹介します。 とにかくニオイを抑えたい人、汗の量を減らしたい人は必見です。

汗のかぶれでかゆみが!首や顔の汗あれ対策法

  • 作成日:2015年12月02日
  • 更新日:2017年06月19日

汗をかいた後にかゆみが出た経験をお持ちの方は少なくないでしょう。

発汗後に赤くなったりかゆみが出たら、あせもになったと思うかもしれません。

けれど実は、汗による肌荒れ「汗あれ」である可能性も考えられるのです。

ここでは、汗あれの原因と対策についてみていきましょう。

スポンサーリンク

そのかゆみ、あせもと間違っていませんか?

「あせも」も「汗あれ」も、汗が引き金になって起こっていることに違いはありません。
それでも両者は全くの別もの。

いったいどこがどう違うのでしょうか?

あせもとは

あせもは、一度に大量に汗をかくことによって汗の出口である「汗口」がふさがり、肌内部で炎症を起こす症状です。

汗詰まりが原因ですので、全身のどこにでもできる可能性があります。
通常あせもは、かき壊したりせず、汗をなるべくかかないようにしていればすぐに治まるものです。

参考:『大人あせもの症状と原因は?あせもの予防・治し方マニュアル』

汗あれとは

汗あれは、汗に含まれる塩分やアンモニア分が、弱ったお肌を刺激して起こる炎症です。
汗自体によって起こる、一種の「接触性皮膚炎」ということです。

あせものように汗腺や汗口に異常はありません。
汗あれでは赤みが出て、激しいかゆみがあったり、時にはチクチク、ピリピリした痛みが出ることもあります。

汗あれが起こりやすいのは、皮膚が薄くて弱い首周りです。

汗をかきやすい背中や、下着が密着してこすれやすいお腹や腰まわり、胸まわりも症状が出やすくなっています。
メイクで肌バランスを崩しやすい顔にかぶれが出てしまうこともあります。

汗かきの人、敏感肌や乾燥肌の人、高齢者に起こりやすい傾向があります。

汗あれの原因

汗あれの大きな原因は「皮膚バリア機能の低下」です。

汗が気になる夏場などは、ついつい洗浄力の強いボディーソープをたっぷり使って何度もシャワーを浴びてしまいます。

これが度を超すと、お肌に最低限必要な皮脂まですべて洗い去ってしまうことになります。
すると肌の乾燥が進み、バリア機能がくずれてしまうのです。

バリア機能が正常に働いている場合には、いったん外に出た汗の成分が肌内部に刺激を与えることはありません。

ところがバリア機能が低下すると、「体の防護壁」に穴が開いた状態になり、細菌など外敵の侵入を許してしまいます。

汗も角質層の隙間から体内に入り込み、アンモニアなどの成分が肌に刺激を与えてしまうのです。

汗あれの対策方法

汗あれの原因は分かりました。
具体的にどのような対策を打てばよいのでしょうか?

皮膚を清潔に保つ

まずは、原因物質である汗をまめに拭き取ることです。

ふき取る時には水で濡らしたタオルやウェットティッシュで、ポンポンとやさしく押さえるようにして行います。

スポーツなどでたくさん汗をかいた後は、可能であればさっとシャワーを浴びて汗を流しましょう。

ただし過剰な洗浄はいけません。

ボディーソープを日に何度も使っていると皮脂の落とし過ぎにつながり、お肌のバリア機能を崩す原因になります。

夜の入浴時以外は、お湯だけの使用にとどめておきましょう。

低刺激のボディソープ、タオルで体を洗う

夜のバスタイムで使うボディーソープや洗顔石鹸も刺激の少ないものにこだわりたいところです。

石油系合成界面活性剤を使った洗顔料やボディーソープはお肌にかかる負担が大きくなります。

天然由来の洗浄剤を使ったものや、顔にも使えるタイプの石鹸は一般的なボディソープよりも低刺激にできています。

また、液体のボディーソープよりも固形石鹸の方が洗浄成分が穏やかです。


≫VCOマイルドソープ公式サイト

VCOマイルドソープは赤ちゃんのお肌にも安心して使える石鹸です。
洗顔石鹸ですが、もちろん体にもOK。

シャンプーの場合、アミノ酸系洗浄剤のものが地肌にも髪にも優しく、おすすめです。

体を洗うタオルも、硬いナイロンなどの化学繊維製のものは避け、柔らかい綿製、シルク製など天然素材のものを選びましょう。
稀にシルクがお肌に合わないという方もいらっしゃるようですので注意が必要です。

保湿を心がける

お肌を清潔にしたら、今度は保湿です。

バリア機能が低下してしまう最大の原因は乾燥です。
入浴、洗顔後はすぐに保湿対策をしましょう。

顔の保湿対策としてオールインワンのゲルを愛用されている方もいらっしゃると思いますが、ゲルのみだと水分が若干少なめに…。

乾燥が気になる場合には、あまり余分なもの(高級な美容成分など)の入っていない安めの化粧水で構いませんので、水分を十分に補ってあげてからゲルを塗るとよいでしょう。

油分は季節やお肌の状態に合わせ必要に応じて使います。

体の保湿対策としては、安い化粧水を全身にぱしゃぱしゃパッティングするか、入浴後の少し濡れたお肌に直接、ボディクリームを薄く塗り広げると、効率的にお肌の乾燥を防ぐことができます。

エアコンはほどほどに

エアコンは空気を乾燥させます。
冬場の暖房はもちろん、夏のクーラーの使用でも、思いがけず室内は乾燥することに…。
空気が乾燥すると、どんなに保湿をがんばってもお肌が乾燥しやすくなってしまいます。

エアコンの使用はほどほどに控えましょう。
必要に応じて加湿器の導入を検討しましょう。

紫外線を防止する

紫外線は角質層にダメージを与え、肌の水分を失わせます。

お肌はダメージ回復のために乾燥した古い角質をはがし、新しい角質を次々に生み出そうとします。
肌のターンオーバーを超えてこれが起こると、まだ十分育っていない未熟な角質がお肌を守ることになります。
結局は水分を十分に保つことができず、お肌はますます乾燥してしまうのです。

これを阻止するには、紫外線を防ぐことが重要です。
紫外線防止率の高い日傘を使ったり、日焼け止めクリームを利用しましょう。

また、肌の乾燥によって日焼け止めクリームの刺激にたえられなくなっている場合もあります。
日焼け止めを塗ると肌の状態が悪くなる、という人は、以下のサイトに紹介されている飲む日焼け止めサプリメントもおすすめです。

≫飲む日焼け止めサプリランキング決定版!国産&コスパ良し&効果高めのサプリは?

日焼け止めを使うときのポイント

日焼け止めを使うときには、いくつか気をつけたいことがあります。

“紫外線吸収剤”には要注意

日焼け止めクリームのなかには紫外線吸収剤を使っているものが多く、かえって肌荒れや乾燥につながる場合があります。

紫外線吸収剤は、紫外線と化学反応を起こし、熱エネルギーや別物質に変換して紫外線がお肌に届くのを防いでいます。
この時の化学反応がお肌に負担をかけてしまうのです。

お肌が弱い方は、紫外線吸収剤の使用は控えた方が無難です。
紫外線散乱剤を使用して物理的に紫外線をはね返す「ノンケミカルタイプ」の日焼け止めがよいでしょう。

紫外線吸収剤を使用していても、マイクロカプセルでコーティングし、お肌に直接触れないよう配慮された製品もあります。
うまく使い分けましょう。

状況にあった“SPF値”や“PA値”のものを使う

紫外線防止効果は、SPF値(炎症を起こすUV‐B波対策)やPA値(肌老化を起こすUV‐A波対策)で表現されます。
一般にこれらの値が高くなるにつれ、お肌への負担も高くなります。

必要以上に高レベルのものを使用することは控えましょう。

例えば、近所へ買い物に出るのに、リゾート用のウォータープルーフタイプのものは使わないことです。
強い防腐剤やアルコールが入っている製品も、刺激が強くなりますので避けましょう。

塗り直しはこまめに

日焼け止めを塗るタイミングとしては、基礎化粧品でたっぷり保湿したのち、10分程度の時間をおいてからにしましょう。
こうすることで保湿成分がお肌に十分になじみます。
日焼け止めの効果を最大限発揮させるには、2~3時間おきに塗りなおすこともお忘れなく。

通気性のよい服を選ぶ

ナイロンやポリエステルなどの服は蒸れやすく、汗をかいたときにかぶれができやすくなります。
綿など吸湿性に優れた素材や、麻など通気性がよい素材を使った、肌触りの良い服を選びましょう。

ただし綿100%のものは吸湿性は高いですが速乾性に乏しく、なかなか乾きません。
Tシャツで運動した時のびちゃびちゃ感を思い出せば分かりやすいと思います。
合成繊維を使ったもののなかにも、速乾吸湿性の高機能素材の服が多く出回っていますので、そちらをチェックしてみるのもよいでしょう。

服の形状については、肌に密着したタイプのものは擦れなどが起こりやすく、汗あれが起きやすくなります。
なるべくゆったりとした形のものを選びましょう。

下着などどうしても密着するものは、先に挙げた速乾高吸湿性の高機能性素材のものを利用するか、お肌に直接ベビーパウダーを薄くはたいておいてから着用すると、汗あれを予防することができます。
ただし既に炎症が起きてしまっている場合には、症状を悪化させる原因になってしまうのでベビーパウダーの使用は控えてください。

生地の硬い服を避ける

パリッとしたシャツなどは、襟が硬いことが多いものです。
皮膚が薄い首まわりには刺激が強く、汗をかいたときに荒れてしまう原因になります。

女性なら、首元の開いたシャツを着たり、ガーゼのように肌触りがよく、柔らかい素材のゆったりした服を着ましょう。

男性はワイシャツの襟がどうしても刺激になってしまいがちです。
柔らかい生地でできたYシャツも売られているので、一度探してみてはいかがでしょうか。
学生さんの制服に使うシャツは、たいてい柔らかい素材のもののようです。

かゆくてもかかずに我慢する

かゆみが出ている場合、ついついかきたくなってしまいますが、それでは症状悪化へとましぐらです。
患部をかきむしると、「サイトカイン」というかゆみ増幅物質がかいた場所から発生し、ますますかゆみが増します。

かいた部分のお肌はボロボロになり、「イッチ・スクラッチサイクル」という負の連鎖にはまり込んでしまうのです。
絶対にかかないことが快復への近道です。

患部を冷やす

かゆい部分を冷やすと、毛細血管が収縮し、神経がマヒしてかゆみを感じにくくなります。
かゆみの原因になるヒスタミンの生成も一時的に治まるようです。

濡れタオルやアイスノンなどの保冷材を利用して、炎症の出ている部分を冷やしましょう。
冷やす時には、冷えすぎて凍傷が起きないよう、タオルで保冷材をくるむなどして温度を調整してください。

市販のかゆみ止めを塗る

患部をかくと症状が悪化することはすでにお伝えした通りです。
かかずに我慢したり保冷材で冷やしてまぎらわすといっても、限度があることでしょう。
そんなときは市販のかゆみ止めを使って症状を抑えましょう。

効果が高いのはステロイド剤です。
ステロイドと聞くと拒否反応を示す方もいらっしゃいますが、用法と用量、使用方法さえ守れば、かいて症状を悪化させるよりよほど建設的と言えます。

ステロイド市販薬は強さによって3ランクに分かれています。
素人判断で使用するのは危険ですので、薬剤師さんに相談してからの購入をおすすめします。

軽症だったり、ステロイド剤を使いたくない方には、乾燥対策と同時にかゆみ止め効果のあるような、医薬部外品のローションやジェルがおすすめです。
ユースキンが販売している「薬用あせもジェル」がその代表例です。

この商品は「あせも」と銘打っていますが、あせも以外に汗あれにも効果を発揮します。
グリチルリチン酸ジカリウムが配合され、炎症を抑えかゆみを防止します。

皮膚科へ行く

市販薬では症状が抑えられなかった場合には、すぐに皮膚科を受診しましょう。
ステロイド剤も、市販のものより更に高ランクの2種類が処方されますし、形状も豊富です。
場合によっては抗アレルギー薬や抗ヒスタミン剤が処方されることもあります。

ミョウバン水を利用する

ミョウバン水はお肌を収れんする作用をもちます。
角質層が引き締められますので、お肌のバリア機能が高まり、皮膚炎対策に有効です。
ミョウバン風呂につかり、汗あれを鎮めましょう。

ミョウバン水の詳しい利用方法については『汗止め・臭いや美容に効果あり?ミョウバン水の作り方・使い方』をご覧ください。

汗自体をおさえる

汗あれの原因物質である「汗」をおさえれば、症状の回復や予防に役立ちます。
とは言え、顔や首元といったデリケートな部分に起こりやすい汗あれ。
一般の制汗剤を使うわけにはいきません。

そんな時には顔用制汗剤サラフェ プラスを利用してみましょう。

サラフェ(小)
≫サラフェプラス公式サイト

サラフェ プラスは顔に使うために作られた、お肌にやさしい制汗剤です。
顔に使えるくらいですから、全身どこでも、気になるところに使えます。
汗あれの症状が緩和するまでの間や、どうしても汗あれの症状が出やすい部位にピンポイントで使ってみましょう。

サラフェ プラスについての詳細は以下の記事がおすすめです。

サラフェ プラスが顔汗に効くって本当?効果・口コミ・最安値通販情報まとめ
「サラフェプラスは効果があるのか口コミを確認したい!」「公式サイトや楽天・Amazonで販売されてる...

まとめ

汗あれの原因と対策方法についてみてきましたが、いかがでしたか?

汗あれ対策の基本は、お肌のバリア機能を正常化してあげる、ということにつきると思います。
ストレスが氾濫し、環境破壊の進んだ現代社会では、こういった体の根源的な部分に失調をきたす人が多いと言えます。

注意したいのは、汗がトリガーになってかゆみや炎症が出るのは、汗あれだけではないということ。
ご自身では汗あれと思い込んでいても、実は別の皮膚疾患である可能性も否定できません。

ご紹介した対処法を試したけれど症状が緩和されないという方は、もしかしたら別の原因が考えられるかもしれません。
そんな場合には、すぐに病院を受診してください。

関連キーワード

スポンサーリンク

スポンサーリンク