化粧崩れもう気にしない!おすすめ顔汗ケア商品

商品 特徴
化粧の上からでも大丈夫!顔用制汗剤【継続しばり無し】
詳細はコチラ
体質改善で健康的に顔汗を止める!自然派由来の汗止めサプリ
詳細はコチラ

本当のことが知りたい!自分のニオイを知るための検査方法!

  • 作成日:2015年11月13日
  • 更新日:2017年05月12日

自分の臭いは誰しも気になるものです。
汗をかいたり、電車などの密閉空間にいるときには、大なり小なり臭いを意識する人は多いのではないでしょうか。
けれど中には病院通いを続けたり、外出を避けるほど自分の体臭を気にしている人がいます。

そんな人は本当にニオイがしているのでしょうか?
ニオイの状況を正しく把握するにはどのようにしたらよいのでしょうか?
ここでは臭いを知る方法を、原因とともに探っていきたいと思います。

スポンサーリンク

自分のニオイが気になる!

自分のニオイが気になってしかたない人は、

  • 具体的に「○○のニオイがする」と自分ではっきりと分かる場合
  • 自分では臭っているか分からないが、他人からの反応を元に臭いの可能性を疑っている場合

があると思います。
自覚症状の有無に関わらず、他人の目(というより鼻)は気になるでしょう。

ニオイというのは音や光と違って、客観的に数値化するのが難しい要素です。
自分で正確に把握することが困難なのです。

そのため、どうしても他人の評価を元に判断することになるのですが、そこには落とし穴もあります。
詳しくみていきましょう。

複数の他人から指摘された場合

複数の他人(会社と友人関係、もしくは趣味の場など、属性の異なる複数の人)からはっきり臭いを指摘された場合には、本当にそのニオイがしている可能性は高くなります。
自分ではせいぜい汗をかいたときに臭うくらいで、普段は特に何も感じないのにも関わらず、他人にニオイを指摘された方もいらっしゃるでしょう。

自覚症状があってもなくても、複数の人からバラバラに指摘されたような場合には臭っている可能性が高いと言えます。

特定の人からの指摘、または直接他人から指摘されていない場合

複数の他人からはっきり口頭で指摘されたわけではなく、近づいたときに鼻を手で押さえられたり、通り過ぎた後にヒソヒソ話をされたり、といった間接的なアピールを受けている人もいるかもしれません。
直接言われたとしても一人の人だけだったり、派生的に広がっていったり、誰からも特に指摘を受けていないときもあるでしょう。

こういった場合には、もしかしたら本当にはクサい臭いはしていない可能性があります。
本当は臭くないのにイジメ的に「くさい」と言われてしまい、周りもそれになんとなく同調…。
これが尾を引いてトラウマになり、他人の反応を過敏に捻じ曲げて解釈し、「自分は臭い」と思い込んでしまうのです。

本当に臭っているのか知る方法とは

このように、ニオイの正確な情報は入手しにくいと言えます。
それでも少しでも本当のことを知るためにはどのようにしたらよいでしょうか?

その汗、ワキガ?体臭とワキガ臭の違いを見分ける方法
臭いのことは、すごくデリケートな問題です。例え誰かがニオっていたとしても、なかなか指摘しづらい...

体臭セルフチェック

嗅覚は、慣れによって鈍感になります。
始終嗅いでいる自分の体臭が分かりにくいのはそのためです。

これを「自己順応」と呼びます。
「常にある=無害なもの」と体が判断し、無視するようになるのです。

まずは手っ取り早く、自分自身で少しでも正確に判定するには、いったん自分の嗅覚をリセットすることです。
嗅覚のリセット方法として有名なものには、次のものがあります。

コーヒーの匂いを嗅いでリセット

嗅覚をリセットする最もシンプルな方法は、別の臭いを嗅ぐことです。
そんななかでもコーヒーの匂いを嗅いでリセットする方法はメジャーです。

香水店でコーヒー豆を見かけたことがある人もいるでしょう。
香水を何種類も試しているうちに匂いが分からなくなってしまうので、嗅覚リセット用に置かれているのです。

本当はコーヒーでなくても、別の匂いならよいのです。
それでもコーヒー豆が嗅覚リセットに一般的に用いられる理由としては、独特な芳香を持つことと、扱いやすいこと、そして消臭効果があることが考えられます。

コーヒー豆は多孔質のため、臭いを吸着する効果があるのです。
鼻の穴についた臭い成分を取り去ることを期待してのことかもしれませんね。

シャワーを浴びてリセット

入浴すると、身体の臭いが落ちるだけでなく、水蒸気が鼻孔にこびりついた臭い成分をとばしてくれます。
スチームで衣類の臭いをとばすのと同じ原理です。
この嗅覚リセット後に、入浴前に着ていた服の臭いを嗅いでみると、先ほどまでは分からなかったニオイを感じることができるでしょう。

外の新鮮な空気を吸ってリセット

室内のよどんだ空気には、自分の体臭も多く混じっています。
その空気を吸い続けることにより、臭いを感じにくい環境になっているのです。
一度外に出たり、窓を開けて新鮮な空気を取り込むことにより、嗅覚をリフレッシュすることができます。

例えば、焼き魚を食べていたリビングからトイレに立ち、部屋に戻ってきたら魚のニオイが充満しているのに気付いた、という経験がある人もいるでしょう。
この現象は、自分の吸っている空気がいったんリフレッシュされ、嗅覚リセットされたために起こったのです。

家族に聞く

家族に自分の臭いを聞いた場合、本当に思っていることを言ってくれるでしょう。
そのため、この方法はある程度有効といえます。

ただし、情報は必ずしも正確ではありません。
それは前項でお話しした「ニオイの鈍化」によって起こります。

家族は一緒に暮らしているため、終始あなたの臭いを嗅いでいます。
鼻が慣れてしまっていますので、感度は必然的に鈍くなります。

臭いの原因が体質的なものである場合、家族も同じ体質で、同じ臭いがしている、という可能性もあります。
その時は臭いの感度は更に下がるでしょう。

それでも、体調不良などが原因で急に体臭が発生した場合には、それは「嗅ぎなれない」臭いであるはずです。
家族の意見は大変参考になるでしょう。

ニオイセンサー

世の中には「ニオイセンサー」というものが存在します。
ニオイの変化をみるようなテレビの企画で見かけた人もいるでしょう。
ニオイセンサーは、臭いのレベルや臭気指数の測定が可能です。

そんな便利なものがあるならいつでも判定に使えばいいじゃないか、と思われるかもしれません。
けれど、ニオイセンサーは残念ながら、万能ではありません。

臭いというものに絶対値がないのが大きな原因です。

騒音など音の大きさならデシベル、光の強さならルクスといった具合に、全国どこへ行っても共通不変の測定ができます。
臭いには絶対値がないため、これができません。

測定のたびに「ゼロ」を決める初期化作業(これを「ゼロベース設定」と呼びます)を行い、そのゼロの状態を判断基準として、そこからどれだけ臭いが変化したかを測定する「相対値測定」にとどまるのです。

匂いの内容や質の判定にも問題があります。
何の臭いがするのかはニオイセンサーだけでは分かりません(研究室でガスクロマトグラフィーを使えばある程度は分析可能です)。
いい匂いか悪い臭いかの判別もつきません。

たとえばニオイセンサーで口臭を測定する場合、歯磨き後ではミント臭のいい匂いに反応して数値があがります。
さらに「にんにく」や「コーヒー」より、「しょうゆ」の方が臭気指数やセンサー値が高くなります。

金額もお手頃からは程遠く、簡易版でも10万円前後します。
レンタルもありますが、個人向けには貸し出していないところも多いようです。

それでも、例えば発汗前後や、デオドラント剤によってどれくらい数値が変化するかなど、条件ごとの臭いの変化を客観化でき、対策に役立てられるという利点はあります。
使いどころを間違わなければ、それなりに有効な活用法もあるでしょう。

3日間で5,000円~1週間で20,000円くらいでレンタルしているところがあるようです(法人限定も多い)ので、興味のある方はショップを探してみてもよいかもしれません。

医療機関

皮膚科や内科など、病院に行って判定してもらうという方法もあります。
臭いで病院に行く場合には、一般的にワキガ臭が原因であることが多いと思います。
この場合には問診に加え試臭検査が行われます。

試臭検査は患者さんの臭いを医師が実際に嗅いで判定する方法で、直接嗅いだり、ガーゼに発汗させて臭いをうつしてから嗅いだりするようです。

ワキガの場合には「試験切開法」と言って、ワキの下に少しだけメスを入れ、原因となるアポクリン腺の状態を見てワキガかどうかを判断する方法もあります。
試験切開法はワキガの程度が客観的に判断できてよいのですが、今のところ臭い対策の権威・五味常明ドクターのいらっしゃる五味クリニックでしか行われていないようです。

ワキガかどうかの診断だけなら皮膚科か形成外科が適当ですが、精神的なアプローチを無視しがちな形成外科の先生だと、いきなり手術をすすめられるケースもあるようです。
その点、皮膚科の方が保存的治療で様子をみることから始めるので、ニオイの精神的側面(のちほどご説明します)を顧慮すると、より安全と言えるでしょう。

ワキガではなく、突然臭いがするようになり病院に行く場合には、総合病院の内科の受診がよいようです。
単科病院に行くと、その科での診断結果に異常がみられなかった場合、「○○科では問題ありません」で終わってしまいます。
結果に納得がいかなかった場合、別の病院を探して一から説明しなおすところからやり直しになります。

これが総合病院だと、別の科への案内があり、カルテや検査データも共有されます。
場合によってはドクター同士で情報交換がなされるため、状況把握もしてもらいやすくなります。

ニオイに対する専門のドクターというのは、ワキガや口臭以外、ほとんどいないのが現状です。
医療機関を受診しても、ニオイそのものの判定というより、病気がないかどうかを判定することになります。

けれど医師は赤の他人のように、悩んでいる患者さんに対して無責任な態度はとりません。
本当に臭っているかどうか、どんな臭いがするのか、率直に意見を言ってくれるでしょう。

ニオイセンサーがある病院を希望する人もいると思いますが、前にも説明した通り、ニオイセンサーは万能ではありません。
相対値測定しかできませんので、値が高くても、それが悪臭とは限りません。
過剰に期待することはやめておきましょう。

ニオイセンサーを置いている病院は意外と少ないようですが、このような理由があってのことだと思います。

漢方薬局のなかにも、ニオイ対策で評判のよいところがあるようです。
腕のよい漢方の専門家は、体の弱っている部分や体質的な問題も臭いで分かるそうなので、信頼のおける漢方薬局を訪れてもよいかもしれません。

臭気判定士

臭気判定士とは、悪臭防止法に基づき作られた、臭気環境分野で初めての国家資格です。
臭気測定を監督するのが主な仕事になります。
平成27年時点で全国に3,500人ほどの臭気判定士がいます。

人間の鼻は臭いに対して慣れやすく、臭気濃度が強くなると鈍化してしまいます。
けれどニオイの識別能力に関してはかなり高い性能を持っています。
ニオイの絶対値化が難しいこともあり、原始的ではありますが、人に頼ってニオイを判断する方法が有効視されているのです。

個人で臭気判定士に依頼する場合、これまでは家の臭いに対する鑑定が主でした。
料金も、異臭の強さの判定で50,000円前後、異臭物質まで割り出すもので220,000円~と、大変高額。

それが、個人の体臭検査をしてくれるシステムがこのたび誕生しました。
方法は、検査用のTシャツをしばらく着て、送り返すだけ。
ちゃんと臭いの専門家が実際に臭いをかいで判定してくれますし、専用の分析器も使います。

検査費用は24,800円。

はじめの簡易検査の段階では、臭いの有無や範囲と強さを判定します。
ここまでの検査結果で満足できれば、以降の詳細検査をキャンセルすることも可能。
その場合15,000円が返金されますので、実質9,800円で検査が可能です。

次の詳細検査まで進む場合、どの部位からどんな臭いがしているのかを詳しく判定
そのうえで、そのニオイに特化した専用の洗剤をオーダーメイドで付けてくれます。
この洗剤が気に入れば、あとから追加で購入することも可能。

手が出しやすい価格設定になっていますので、気になる人は試してみてはいかがでしょうか。

では、ニオイの原因はなんなのでしょうか?

このニオイ、何が原因なの?

さまざまな判定を加味した結果、どうも臭っているな、ということになったとします。
その場合、どのような原因が考えられるでしょうか。

病気・体の不調

ある日を境に急にニオイがするようになった場合には、一時的に体の不調があったり、病気にかかっている可能性が高いです。
このケースでは、自分で臭いに気づくことが多く、家族や身近な人から臭いの指摘を受ける傾向も高いようです。

腎臓、肝臓、胃腸、肺など、内臓疾患がある場合、アンモニア臭や腐敗臭などのキツイ臭いにつながります。
糖尿病では甘酸っぱい臭いがしたり、貧血、痛風でも特徴的な臭いを発生するときがあります。
過度なダイエット、疲労、ストレスといった生活習慣に起因して臭いが出る場合もあります。

参考:『汗がアンモニアや酸っぱい臭いは危険?汗臭と病気の関係』

便やガスのような体臭がする人は、肛門の締まりが悪くなっている可能性がある、との声が一部ではあります。
肛門がゆるいと、便が漏れるほどではなくても腸内のガスや便の臭いが常にもれ、臭いを発するというのです。

これを回避するには括約筋(肛門を締める筋肉)を意識的に鍛え、肛門の締まりをよくする方法が有効なようです。
参考サイト:高野病院 大腸肛門機能科

いずれにせよ、病気や不調が疑われる場合、医療機関を受診して原因を究明し、きちんと対処する必要があります。

体質

体質的にもともと体臭が強い、という可能性もあります。
これに該当するのはワキガ体質の人が多いでしょうが、ワキガでなくても、独特の強い体臭の人がたまにいます。
体質が原因で臭う場合、家族に聞いても「全く臭わない」と言われるけれど、他人からは「なんだか臭う」と評価されることが多いようです。

体臭は、清潔を心がけデオドラント剤を使うことにより、ある程度緩和できます。

もう失敗しない!効果のあるおすすめ制汗剤ランキング【2017年夏】
気温があがって脇が汗ばむ季節になると、ドラッグストアにはたくさんの制汗剤が売られています。しか...

ワキガ体質で悩んでいる方には、いよいよとなったら手術という最終手段も残されています。

ワキガ対策参考記事:
『その汗、ワキガ?体臭とワキガ臭の違いを見分ける方法』
『これであなたのお悩み解消!ワキガ臭にはこう対応しろ』

ワキガのためのオススメ商品参考記事:
『最安は楽天?クリアネオのワキガ対策効果と使い方まとめ』
『ノアンデは臭いに効果なし?解約する前に試したい4つのこと』
『ワキガに効果抜群!デオナチュレ ソフトストーンWの使い方』

一般的な臭い対策参考記事:
『汗臭い原因は病気!?汗のにおいを抑える12の対策』
『汗止め・臭いや美容に効果あり?ミョウバン水の作り方・使い方』

汗腺機能の低下

エアコン完備で汗をかかない生活を続けると、汗腺機能が衰えます。
すると、いざ汗をかいたときに低質の「悪い汗」がどっと出てきて、臭いやすくなるのです。
こういう人の場合、何かの加減で一時的にたくさん汗をかいたようなケースで臭いやすくなります。

これを改善するには、暑い時には汗をかく生活を心がけることです。
冷房の使い過ぎを避け、適度に運動したり入浴して汗腺トレーニングをしてやれば、休眠状態にあった汗腺が目覚めます。
徐々に「良い汗」をかけるように変化して、少しずつ臭いにくくなるでしょう。

参考:『汗っかきの原因ってなに?汗が出る仕組みを徹底解説』

偏った食生活

肉食中心の偏った食生活でも体臭が悪化します。
肉類には動物性タンパク質が豊富に含まれますが、これが腸内で分解されるとアンモニアのような刺激臭の元となります。

同時に動物性脂質は酸化してイヤな臭いを発生します。
腸内環境の悪化でこれらがうまく排泄されず腸にとどまると、臭い物質は血液にのって全身を巡り、臭い汗や体臭の原因になるのです。

これを防ぐには、あまりに過度な肉食は控えるほか、食物繊維を積極的に摂ることが有効です。
食物繊維は臭い物質が身体に吸収されるのをおさえ、便として体外に排泄する手助けをしてくれます。

肉はアミノ酸スコアが非常に高く、とても優秀な栄養源です。
アミノ酸スコアとは、食品中の必須アミノ酸(体内では合成できないため食品で摂る必要のあるアミノ酸)の含有率を数値化したものです。

肉を一方的に悪者と決めつけるのはよくありません。
肉ばかりを好んで食べるのではなく、野菜や海藻など、その他の食品も同じくらい摂り、何でもバランスよく食べることが大切なのです。

思い込み・心の不調

ふとしたきっかけから精神的に追い詰められた結果、「自分は臭う」と思い込み、これが(幻の)臭いになっている人もいます。
このような症状を「自臭症」「自己臭症」「異臭症」「自己臭恐怖症」などと呼びます。

自臭症は嗅覚に幻覚を伴う精神疾患の一種です。
これに該当する人の場合、自分でははっきり臭いを感じるのに、家族や医師など信頼のおける他人は「臭わない」と答えることでしょう。

しかし職場や学校では「臭う」と(一部の心無い人に)からかわれた(=ウソをつかれた)経験があったり、他人の態度や視線を元に陰で「くさい」と言われているかのように感じとってしまう(=誤解してしまう)のです。

自己中心的な人は、自分が臭って他人に迷惑をかけたとしてもなんとも思わないため、こういった精神疾患にはまずならないでしょう。
自臭症は心配性だったり、几帳面でまじめな、他人を思いやれる優しい性格の人がなりやすい傾向にあります。

自分では確かに臭うのに周囲に「臭わない」と言われたら、話がかみ合わず混乱してしまいます。
こういう場合は精神科を受診して、メンタルな面からもアプローチしてみるのが大事です。
さきほどご紹介した個人の体臭検査をしてくれるシステムを利用してみてもいいでしょう。

因果関係がすぐには分からない場合もある

病気が疑われる臭いの場合、総合病院で順番に検査を受けていくことになると思います。
この時、すぐには臭いの原因が分からないかもしれません。

総合病院の内科を受診し、確かに臭いが感じられると認められたとします。
このとき、他の自覚症状をもとに、特定部位にある程度めぼしをつけて検査することでしょう。
検査の結果何かしらかの疾患が見つかったら、それに対する治療を行います。

けれどその疾患が必ずしも臭いの原因になっているとは言えません。
治療後、体臭が改善されたかのチェックを行い、もし好転していなければ、また次の部位の検査と診断から始める必要があるのです。

長丁場になる可能性もありますので、あまり気負いすぎないことです。
場合によっては精神的なケアを同時に行うことも視野にいれましょう。

まとめ

臭いを知る方法はいくつかありますが、最終的には人の手(というより鼻)にゆだねられている部分が大きいと言えるでしょう。
そのために情報を客観化することが難しく、精神的なものにまで発展してしまう要因になっています。

医療の現場において、口臭外来など、ニオイに着目した治療は少しずつ増えてきてはいますが、まだまだ十分とは言えません。
一方臭気判定士の資格者は、年々少数ではありますが、確実に増えてきています。
スペシャリストの人数が増えて定着すれば、臭い判定がもっと身近なものになるかもしれませんね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク